耳が小さな場合は端から5mm程度の位置がおすすめ

ダイヤモンドピアスを付ける場所は耳のサイズによって違ってきますが、小さいと感じる場合は端から5mmほどの場所にピアスホールを開けることをおすすめします。
端から1mmや3mmほどの場所に開ける人もいますが、あまりにも端のほうだと千切れてしまう可能性があるので要注意です。
石が1つ付いたシンプルなダイヤモンドピアスであれば重さによる負荷がかかりにくいですが、それでも耳の際に付けることはおすすめできません。
千切れてしまえば強い痛みを感じることになりますし、大切なダイヤモンドピアスをなくしてしまうリスクもあることを理解しておくべきです。
耳たぶがかなり小さい場合は5mmほどの位置を選ぶことが難しいかもしれませんが、その場合は穴を開けてくれる病院などで相談して最適な位置を探すことがおすすめだと言えます。
サイズが小さい人は安全性を考慮してダイヤモンドピアスを装着できるようにしておきましょう。

耳が大きい場合は端から7mmから8mm程度がおすすめ

耳が大きいのであれば、ダイヤモンドピアスを付ける位置は端から7mmから8mm程度がおすすめです。
ある程度の大きさがあれば、これくらいの位置に装着することで自然な見た目になります。
下過ぎるとバランスが悪くなってしまう恐れがあるので、装着位置が下になり過ぎないように調整することが大切です。
位置が偏ってしまうと、せっかくのダイヤモンドピアスの魅力が半減する可能性もあります。
美しいダイヤモンドピアスを付けているはずなのに不格好になってしまったり、寂しい印象になってしまったりする可能性があるので注意が必要です。
耳たぶの中央くらいになるように調整しておけば、ダイヤモンドピアスの魅力を損なうことなく装着できるようになります。
サイズが大きい場合は千切れてしまうリスクが低いですが、端のほうになると見た目が悪くなる可能性があることを理解しておくべきだと言えます。
ダイヤモンドピアスの美しさを際立たせたいのであれば、ピアスホールは7mmから8mmという目安を覚えておくと良いです。

まとめ

ダイヤモンドピアスを身に付けるのであれば、ピアスホールの位置を気にしておく必要があります。
耳のサイズによって最適な位置は異なってくるので、自分に合った場所にピアスホールが開けられるようにしておくことが大事です。
安全かつ美しく身に付けるための目安となる位置があるので、適当に開けるのではなく、ちょうど良い場所であるか確認しながら位置を決めるようにしましょう。
そうすることで、納得できる仕上がりになります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。