男性と女性による違い

ダイヤモンドピアスを用いる場合、性別によって意味が違ってくることを知っておく必要があります。
婚約指輪にも使用されていることから、ダイヤモンドは女性の石だと思っている人もいるかもしれませんが、実は昔は男性がお守りとして好んで付けていました。
他の石とは違った硬さから不屈のお守りとして知られており、現代でも正義や勝利といった意味で用いられることが多いです。
そのため、男性がダイヤモンドピアスを付けることには、何かに勝ちたい、何かを守りたいことの意思表示だと言えます。
女性が身につける場合は、純愛であることや無垢であることを示すことができるでしょう。
ダイヤモンドは強さや愛に関する石ですが、男性が使用するか女性が使用するかによって意味が異なってくることに注意しておく必要があります。
基本的にポジティブな意味合いなので問題はないはずですが、思いもよらなかった意味に驚いてしまう可能性もあるので、事前に性別ごとの意味を確認しておくと安心です。

片耳と両耳による違い

男性も女性もダイヤモンドピアスを用いるのであれば、片耳と両耳で意味が異なることを理解しておくべきです。
これを右側だけに使用する場合は、女性であれば守ってほしいことのアピール、男性であれば同性愛者であることのアピールとなります。
左側に用いる場合、女性は同性愛者であること、男性は大切な人を守りたいことをアピールすることになるでしょう。
もちろん、全ての人が意味を理解しているわけではありませんが、特に海外では付ける箇所による意味が重視されるので注意しておく必要があります。
両耳の場合は男女ともに特別な意味を持ちません。
周りの人に誤解を与えたくないのであれば、男性も女性も両耳にダイヤモンドピアスを付けることがおすすめだと言えます。
片側だけに使用するとそのようなつもりがなくても勘違いされる恐れがあるので、意味を確認した上でダイヤモンドピアスの位置を決めることが大切だと知っておきましょう。

まとめ

ダイヤモンドピアスは男性でも女性でも付けられるアイテムです。
ですが、性別や付ける耳によって意味が大きく変わってくることを理解しておかなければなりません。
何となく付けていると、周囲の人から驚くような勘違いをされてしまう可能性もあります。
海外では同性愛者のアピールとして用いられることも多いため、特に注意が必要だと言えるでしょう。
ダイヤモンドピアスで失敗したくないのであれば、正しい知識を持った上で使用することをおすすめします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。